SYNALIOの主な機能

サイトお客様を匿名のまま育成し、ホットリードに変換できる「会話データプラットフォーム」

チャットボット作成機能

誰でも簡単に会話シナリオを作成

直感型シナリオ作成

ドラック&ドロップで誰でも簡単に会話シナリオを作成できるシナリオエディタ。サイト訪問者の回答に合わせた質問を新たに追加するのも、ボックスを矢印で結ぶだけ。忙しいマーケティング担当者様でも導入に時間をかける必要がありません。

アクション設定

選択式の会話だけでなく、フリーワード入力への応答が可能です。応答フォーマットはCSVでアップロードもできます。また、指定したフリーワードが入力されできた際に、会話シナリオを起動させることができます。

有人対応

オペーレーター対応への切り替えもスムーズに。チャットボット上での会話をそのまま引き継いだり、匿名顧客に対して、個別に話しかけることもできます。

デザイン変更

サイトデザインやテイストに合わせて、SYNALIOをカスタマイズ。ボックスの色変更はもちろんのこと、アイコンをキャラクター画像にすることもできます。

ログ・分析機能

様々なログを取得することで、PDCAを加速させます

ダッシュボード

ひと目で必要な情報を確認できます。分析したい期間の変更も自由。視認性が高く解析しやすいダッシュボードです。

コンバージョンファネル測定

コンバージョンへのステップを設定することで、会話シナリオのPDCAが可能です。複数のコンバージョンファネルを設定し、比較してみましょう。

有人対応分析

オペレーターごとの対応件数や対応時間、曜日や時間帯ごとの対応件数の可視化、チャット対応終了時のお客様満足度を確認することができます。

会話フロー

会話の流れを視覚的に確認、分析することできます。「どの会話で離脱しているのか?」「コンバージョンにつながっている会話の流れは?」など、会話シナリオのPDCAを可能にします。

広告連携機能

AdWordsやYahoo!ディスプレイアドネットワークとの連携が可能

リマーケティングとの連携

会話にリマーケティングタグを設置することで、特定の会話を通過したお客様へ最適な広告配信をします。

マルチプラットフォーム対応

Webサイトだけでなく、LINEやFacebook Messengerとの連携が可能

WEBサイト / LINE / Facebook Messenger

Webサイトだけでなく、LINEやFacebook Messengerとの連携が可能です。もちろんPC・スマートフォン・タブレットなど様々なデバイスで表示ができます。